北国でマイペースに楽しんでいる私の庭へようこそ!
ソファー
3,4年前から検討していたのがソファーの修理。
新婚当時に購入したもので19年ほど経過したそれは、
メープルの枠組みに染色していない無垢の皮が張られたもので、
年々皮があめ色に変色していくという物。
手入れも必要で大変なことは承知の上で、もちろん価格的にも
その当時の私の月給ほどもして贅沢と思ったのですが、
歴史を刻んで変化していくところと、子供が、どこをかじっても体に悪い物は
使っていないところ、そして何よりそのデザインと色にやられ、
他の物には妥協できなかったのです。
今思えば、後悔しない物にしたほうがいいと言ってくれた彼にも感謝です。

大事な大事なソファーでしたが、歴史は相応に刻まれ、
予想したとおりに子供はかじりつき、よだれや涙、汗が染みこんで
とうとう、ひび割れ裂けてしまい自分で修理しながら使ってきたのですが
限界を迎えてしまったわけです。

何度かお店に足を運びお話を聞いて、金額も張るので
いっそもっと、リーズナブルな物に変えるか、違う所で張替を頼むか
悩んでいました。
たまたま、新聞で「椅子の張替無料見積もり」という小さな広告を見つけて
土曜日に行って、お話を聞くと値段的には変わらず、
それなら元々の工房で直してもらおうと、そこからまっすぐに
お店へ直行。
悩んでいた色もやはり無垢のナチュラルに決め、
今度は子供に手が掛からない分、もっともっと大切にしようと
心にきめて、オットにも感謝して帰ってきました。
まぁ、何年か後には孫にかじられちゃうかな・・・なんてね!

余談ですが、デザインは少し変わってきていますが
今、同じような物を買うとすると、倍以上のお値段になっていて、ビックリ!
それでも人気があるのだそうです。
今ならとても買えないなぁ・・・
なんだかちょっと嬉しい気持ちになってしまいました。

DSC_0176.jpg

スポンサーサイト
ステッカー
前から気になっていた物のひとつ。
壁に貼る「ハリーステッカー」
やっと気に入ったデザインを見つけて、
セールになっていたことも手伝って試してみることに。
もっと面倒かと思っていたら、なんだ簡単!
壁の汚れも隠せて一石二鳥。

ただ、500種類以上あるので迷います。

DSC_0126.jpg
トイレに。

DSC_0118.jpg階段の壁に


気になった方はこちらからどうぞ!


気になる人
このところ小説を読むことが多かったが
本当のところ好きなのは、エッセイ。
ストレートに刺激を受けるから。

何だか気になるっていうのは、その人の作品とか、センスとか
空気感とかからくる。
今まで気になった人は、大橋歩、高橋永順、大貫妙子、堀井和子、
小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ・・・(敬称略)

「かもめ食堂」は気になる人たちのオンパレードで
DVDまで買ってしまった。
何度観たことか・・・
「わたしのマトカ」ではこの映画撮りの話も沢山出てきて
フィンランドへの興味も増してしまった。

先日、もたいまさこと、片桐はいりのエッセイを見つけて
早速読んだが、片桐はいりの「わたしのマトカ」は
装丁のセンスも良くて、嬉しくなりました。
文章も卒論以来らしいが、そうとは思えないほど
何度も(うまぁ~い)と思っていました。

そして、どちらもやっぱり興味深い人で面白かった。

DSC_1982.jpg





アニメ
毎週日曜日、朝7時~楽しみにしているアニメ『宇宙兄弟』。
ジブリのアニメは別として、テレビのアニメを毎週楽しみにするなんて
小学校低学年以来のことで、この年になって自分でも???なのですが
これは面白いと思うのです。
特に宇宙に興味があるわけではないけれど、宇宙飛行士の試験や訓練の様子が
分かるし、人間模様も面白く描かれていて、楽しい。
つづく・・・っていう歯がゆくて懐かしい感覚も久々に楽しんでいます。
ちなみに家族はあまり興味ないみたいです。
気が付いたら、テレビの前には私だけでした(笑)

DSC_1634.jpg窓辺のサンキャッチャー

           








読書
最近ちょっと読書する時間が増えた。
子供には読書を勧めるのに、自分はあまり読んでなかったなという
反省もあってのことだが・・・
去年、新聞の本の広告を見ていて、あ!これ面白そうと思ったのが

三浦しをんの『舟を編む』・・・ 当たりだった。
 辞書について考えたこともなかったから驚くことが沢山で、
紙を選ぶ場面ではその感触さえ想像して触れてみたいと思わせる。
そして作者にも興味がわいて、違うものも読んでみたいと選んだのが

 『神去なあなあ日常』これは林業の話。
山の神様って本当に居るんだろうなと、日本昔話を読んでいるような
感覚になってしまった。

次に本屋さんで選んだのが同じ作者の『風が強く吹いている』
箱根駅伝の小説で、陸上をやっている息子が先に読み始めたので、
私はこれから読もうと思うが、かなり面白かったらしい。楽しみ。

本屋さんの紹介文って重要だし、私みたいに読書から遠ざかっていた者にとっては
とてもありがたい。
その紹介文に魅かれたのが、坂本 司の『和菓子のアン』
美味しそうな、おまんじゅうの表紙にも魅かれたのかな?(笑)
デパ地下の和菓子屋さんが舞台で、和菓子の歴史や遊び心が楽しい。
あっという間に読めてしまった。
久しぶりに読書が楽しいと感じることが続いているが
庭仕事が始まると、それも儘ならないと思うので今のうちかな?

DSC_1563.jpg






 
プロフィール

takataka2525

Author:takataka2525
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
welcome!

ブログランキング

ブログランキング登録しました☆

FC2Blog Ranking

皆様の一押し期待しております。

フリーエリア
検索フォーム

RSSリンクの表示
ランキング
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR